法匠会|法政大学建築学科同窓会
 
 
 
    

 

 

 

当HPで連載中のリレーエッセイをまとめた書籍『「建築」という生き方』が2017年1月24日に刊行されました。これからの建築との多様な関わり方を101編のエッセイにより示した意欲作です。是非ともご購読ください。[詳細](2017月1月24日)


●「第25回法匠展」は9月20日(火)より25日(日)の会期で、新宿中央公園内のエコギャラリー新宿において開催されます。OB、OGの作品も募集中です。ぜひふるってご参加ください。[法匠展](2022月8月1日)

リレーエッセイの最新号(第146号)をアップいたしました。高村ゼミ出身の福地昂弥さんです。お仕事の合間のひとときに是非ご覧ください。[エッセイ](2022月8月1日)

●構造家で、2003年川口ゼミ修了の河合正理さんがJACA作品賞を受賞しました。[詳細](2022月7月12日)

●法政大学専任教員、朴賛弼先生の新著「入門テキスト建築環境・設備」が7月15日に学芸出版社より刊行されます。[詳細](2022月7月5日)

●2018年赤松ゼミ修了の松本和樹さんが担当した住宅が「第48回東京建築賞(戸建住宅部門)」の優秀賞を受賞しました。[詳細](2022月6月24日)

●2022年日本建築学会各賞が発表されました。法政大学建築学科の卒業生からは、赤松佳珠子先生と大村真也さん(2006年冨永ゼミ修了)による「山元町役場」と小堀哲夫先生(1997年陣内ゼミ修了)の「NICCAイノベーションセンター」が作品選奨を、八里直輝さん(2006年渡辺ゼミ修了)の「東京音楽大学中目黒・代官山キャンパス」、堀越ふみ江さん(2003年富永ゼミ卒業)の「SYNEGIC office」が作品選集新人賞をそれぞれ受賞されました。[詳細](2022月5月4日)

●東海大学准教授の稲益祐太さん(2012年陣内ゼミ博士課程満期退学)の著書「南イタリア都市の空間史−プーリア州のテリトーリオ」が法政大学出版局より出版されました。[詳細](2022月4月4日)

●3月19日に開催された、第18回大江宏賞公開講評審査会の会場模様を掲載しました。エントリーした学生たちのプレゼンの様子をぜひご覧ください。[詳細](2022月4月4日)

●朴賛弼先生の新著「韓屋と伝統集落」が法政大学出版局より出版されました。30年にわたって各地を訪ね歩き、韓国と日本両国の伝統建築を目にしてきた朴先生が、韓国の住居文化と伝統集落を豊富な写真と図版を元に紹介しています。[詳細](2022月3月10日)

1月29日(土)に開催された2021年度の法政大学建築学科公開講評審査会の模様を掲載しました。当日の学生たちの熱のこもったプレゼンの様子をご覧ください。[詳細](2022月2月16日)

法政大学専任教員、朴賛弼先生が武蔵野美術大学卒業生の活動に対して与えられる「武蔵野美術大学建築学科 長尾重武賞」を受賞しました。「芦原義信賞」から始まったこの賞は、「竹山実賞」に変わり、現在は「長尾重武賞」となった、伝統のある賞です。受賞作:『日本の風土と景観 WEST ZONE』『日本の風土と景観 EAST ZONE』/受賞日:2022年1月15日。[詳細](2022月2月15日)

●66年森田ゼミ卒業の小川格さんが新潮社より「日本の近代建築ベスト50」という著作を出版されます。それに伴い、1月23日(日)に出版記念シンポジウム<近代建築と市民>を開催いたします。オンラインで参加できますのでぜひご参加下さい。[詳細](2021月12月27日)

●卒業生有志によるオンライン交流イベント「第2回法匠祭」が11月23日(祝)に開催されました。「バーチャルOBOG訪問」「38人によるショートスピーチ」「浜田英明教授×佐々木睦朗名誉教授の子弟対談・講演」および「アーキテクトマインド展」で今年もお送りし、盛況のうちに幕を閉じました。卒業生の活躍ぶりを知ることのできる貴重な機会として、次年度以降も継続して開催の予定です。今後の展開にご期待ください。[詳細][ポスター](2021月11月24日)

 

 

 
   
     
メールアドレスを送信してメールマガジンをご覧ください↓ ID: 1110483
毎月25日発行/同窓会のニュースとリレーエッセイを配信)  
法政大学建築同窓会ニュース
   
   
     
     
   

 
       
Copyright(c) 法政大学建築同窓会 All rights reserved